スポンサーリンク

新型コロナウイルス等の影響を受け、中小企業の景況は悪化/東京商工会議所

社労士








































東京商工会議所は3月18日、東京23区内の中小企業の景況感に関する調査(2020年1~3月期)結果を発表した。業況DI(前年同期比・全業種)は前期(2019年10~12月期)比マイナス7.3ポイントのマイナス26.7。
東日本大震災発生以降では2011年10~12月期のマイナス32.2に次ぐ水準。
新型コロナウイルスに関連する影響を受けたとの声が全業種から聞かれたほか、消費税引上げによる個人消費低迷や、人手不足による受注機会損失との声も聞かれたとしている。私も関与先の中小企業などにコロナの影響を聞くに、その影響が甚大である場合とあまり変わりがない場合と業種、会社によって違いがあるようである。いずれにしても、まだまだ収束する気配はなく、悪影響は今後も続くことが予想される。
調査結果については、以下のURLをご参照願。↓https://www.tokyo-cci.or.jp/file.jsp?id=1021617にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました