スポンサーリンク

1年前と比べた景気認識、調査開始以来の最低水準/連合総研調査

社労士















































連合総研は11月19日、第40回「勤労者の仕事と暮らしに関するアンケート(勤労者短観)」調査結果を発表した。1年前と比べた景気認識DI値はマイナス63.2となり、2011年4月のWeb調査開始以来の最低水準となった。従業員規模別では、全ての従業員規模において悪化しており、これまでで最も低い水準となっている。冬の賞与も全体的には下がることになるだろう。経済指標は、コロナ禍下で厳しい数字が並ぶだろうが、各企業、各個人においてはあふれる情報に一喜一憂することなく、今できることに集中することが大切であろう。調査結果については、以下のURLをご参照下さい。↓https://www.rengo-soken.or.jp/work/aa238bd6876499873816f9052bca9851712ce442.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました