スポンサーリンク

「ジョブ型雇用」の認知率は約55%/リクルートキャリア

社労士















































リクルートキャリアは12月3日、人事担当者を対象とした「ジョブ型雇用」に関するアンケート調査結果を発表した。「ジョブ型雇用」の認知率は54.2%、導入率は12.3%。いずれも企業規模が大きいほど高い。また、約25%が新型コロナウイルス感染症の影響によって、「ジョブ型雇用」の議論が進んだと回答。調査結果を見るに、思った以上に「ジョブ型雇用」の導入率が高いと感じた。今後の人事制度の方向性を考える上で、今後益々「ジョブ型雇用」の検討も必要となってくるだろう。アンケート調査結果については、以下のURLをご参照下さい。↓https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2020/201203-01/にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました