スポンサーリンク

人生に絶望した時は、すぐに「立ち直ろう」としない! 絶望との上手な付き合い

社労士
人生に絶望した時は、すぐに「立ち直ろう」としない! 絶望との上手な付き合い方とは?−−『絶望読書』 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]12月17日(木) 6:30 提供:GETNAVI……『絶望読書』(頭木弘樹・著/飛鳥新社・刊)をご紹介します。 絶望には「読書」がいい?『絶望読書』というタイトルから、「そんな本、わざわざ読まなくても……」と言われてしまいそうですが、この本は絶望するために読む本でも、絶望から立ち直るノウハウが書かれた本でもなく、「絶望の期間の過ごし方」が書かれた一冊。……『絶望読書』の著者である頭木さんによると、絶望している時には、共感できる絶望の本や映画との出会いが心を救ってくれるとのこと。 絶望したときには、まず絶望の本がいいのです。明るい、ポジティブな本がダメというわけでは、もちろんありません。ただ、それは立ち直りの段階に入ってから、はじめて心に届いて、励みとなるものなのです。まだ「絶望の期間」にあるときには、まぶしすぎて、かえって悲しくなり、心の負担となりかねません。 (『絶望読書』より引用)……絶望からすぐに立ち直ることが正解じゃない絶望していると、そこから立ち直らなくては! とか、少しでも前向きにならなくては! と思ってしまう人が多いかもしれませんが、焦る必要はないそうです。著者の頭木さんは、「最後に」でこのような言葉を残

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました