スポンサーリンク

コロナ禍にはびこる悪徳業者 「経営苦しい。助けて」と魚介類販売にご注意! 

社労士
コロナ禍にはびこる悪徳業者 「経営苦しい。助けて」と魚介類販売にご注意!  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]12月30日(水) 16:45 提供:J-CAST会社ウォッチ お正月用に、カニやアワビなどの高級な魚介類を購入する機会が増えるなか、消費者の自宅へ電話をかけて、「魚介類の産地を観光で訪れる人が減り、経営が苦しい。助けてほしい」などと関心を引き、強引な勧誘やウソを言って魚介類を購入させる手口の悪徳業者の存在に、独立行政法人 国民生活センターが注意を喚起している。……(1)おかしいと感じたら、「すぐに」「きっぱりと」断りましょう。電話をかけてくる業者は、「新型コロナウイルスの影響でお客が減少している」「助けてほしい」などと消費者の関心を引き、魚介類の購入を勧めてきますが、連絡先を言わない、話の内容にウソがあるなど、不審な点があった場合には、相手と話し込まずに、きっぱりと断りましょう。  (2)業者からの電話で契約をしたときは、クーリング・オフができます。業者からの電話勧誘によって契約をした場合、特定商取引法に定める「電話勧誘販売」に該当します。もし、業者からの電話で魚介類の購入を承諾してしまっても、特定商取引法に定める書面を受け取った日から数えて8日間は、クーリング・オフ(無条件解除)をすることができます。 &nbs

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました