スポンサーリンク

一人じゃないのに「孤独」を感じる理由

社労士
一人じゃないのに「孤独」を感じる理由  ≪続きを読む≫ [アメーバニュース] 1月28日(木) 17:10 提供:マイナビウーマン……■「一人が寂しくない」と感じている人の心理……一般的に、一人でいることはネガティブにとらえられることが多いのですが、1958年イギリスの小児科医で精神科医のウィニコットは「一人でいること」のポジティブな面に注目し、「一人でいられる能力(the capacity to be alone)」を提唱しました。彼は、「一人でいられる能力」獲得には、幼児期に母親と一緒にいて一人であったという体験が必要であると言います。「一緒にいて一人」というのは分かりにくいかもしれませんが、要するに、「母親がすぐ近くにいて、いざとなれば助けてくれると確信しているからこそ、幼児は安心して一人で遊ぶことができる」という状態のことです。……つまり、「一人でいられる」ということは、逆説的ですが「自分は一人ではない」ことを感じられるということです。それは決して、実在する「誰か」が現実にそこに存在しなければいけないものでもなく、心の中にいる大事な存在というイメージでもいいわけです。……「一人でいられない」人間というのは、常に誰かと一緒にいようとし、行動を共にしようとしますが、それは自分の外側に「誰か」を置くことで安心を得ようとすることであり、皮肉にも、そうい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました