スポンサーリンク

サラダより「スープ」がいい理由は?答えは野菜の抗酸化力アップにあり! 

社労士
サラダより「スープ」がいい理由は?答えは野菜の抗酸化力アップにあり!  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]1月31日(日) 21:10 提供:ananWEB……ファイトケミカルで、過剰な活性酸素を除去。……ガンなどの病気や老化を促進するのも活性酸素の仕業で、紫外線やストレス、食品添加物などによって増殖してしまう。そんな、増えすぎた活性酸素の発生を抑え込み、中和するために、前田先生(熊本大学名誉教授で抗ガン剤の世界的権威)が着目したのは、野菜の抗酸化力。「植物は紫外線や外部の刺激から身を守るために、ファイトケミカルという抗酸化成分を持っています。これは人体では作り出せないもの。この野菜のファイトケミカルを日頃から摂取すれば、私たちの抗酸化力も高められるのです」そのファイトケミカルの効果的な摂取方法として、先生自ら取り入れているのが野菜スープ。「野菜は生よりも、加熱して茹で汁ごと食べるほうがファイトケミカルを効率よく吸収することができるうえ、その抗酸化力も10~100倍になります。また、食物繊維も溶け出て、免疫力アップの手助けになってくれるのです」【Why?】サラダよりスープがいい理由は?「野菜の細胞壁は硬く、人の消化液には分解酵素もないため、生で食べてもわずかしか栄養が吸収できません。でも加熱することで細胞壁が壊れ、細胞内の栄養がスープに溶け出し摂取しやすくなりま

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました