スポンサーリンク

生活保護申請2013年以降初の増加へ

社労士















































3月3日の読売新聞の報道によると、2020年の1年間の生活保護申請件数が、速報値で22万3622件となり、前年比で1672件(0・8%)増えたことが、厚労省の集計で分かった。申請件数はこれまで景気回復の追い風もあって年間集計が始まった13年以降、減少が続いており、前年を上回るのは初めて。同省は、コロナ禍で雇用情勢が悪化したことが申請の増加につながったとみている。生活に困窮している人が間違いなく増えていることが数字の上でも実証されたと言えるだろう。にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました