スポンサーリンク

不機嫌な大人は嫌われる!

社労士
不機嫌な大人は嫌われる!イライラした態度で周囲を困らせる50代に必要なこと ≪続きを読む≫ [アメーバニュース] 4月18日(日) 18:00 提供:新刊JP 人はいくつになったら「大人」になったと言えるのか。二十歳で成人式を迎えたら?働き始めて自立したら?結婚して家族を築いたら?もしかしたら、どんな年代、人生のどんなステージでも、自分のどこかに「大人になりきれていない」感覚は残るのかもしれない。■イライラした態度で周囲を困らせる50代に必要なことそれなりに人生経験を積んだ50代になってもイライラし、不機嫌になって、周囲を困らせたり、心配させたりする人もいる。……そのために読んでおきたいのが『60歳からの生き方哲学 円熟した大人の作り方』(齋藤孝著、笠間書院刊)だ。本書では、明治大学文学部教授の齋藤孝氏が、50代にむけて「シフトチェンジ力」「身体感覚力」「上機嫌力」「大人のコミュニケーション力」「美意識力」「孤独力」といった円熟した大人になるために必要な力を紹介する。いつもイライラ、カリカリして場の空気を淀ませる不機嫌なシニアは嫌われる。……60代から必要なのは、「上機嫌力」だ。機嫌とは気分のことで、変えようがない性格とはちがって誰でも意識さえすれば、身につけることができる。 というのは、上機嫌も不機嫌も気分だが、上機嫌は「意思」寄りで、不機嫌は「感情

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました