スポンサーリンク

「ホテル・旅館業」のうち、67%は売上が半減/日本政策金融公庫

社労士















































日本政策金融公庫は4月20日、「生活衛生関係営業の景気動向等調査」結果(2021年1~3月期)を発表した。新型コロナウイルス感染症による事業への影響について、「マイナス」と回答した企業は91.9%。事業への影響について聞いたところ、「売上の減少」(98.8%)が最多。売上が「50%以上減少」した企業割合は26.2%、業種別に「50%以上減少」した企業を見ると、「ホテル・旅館業」(67.0%)が最多。詳しい調査内容については、以下のURLをご参照下さい。https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/seikatsu21_0420a.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました