スポンサーリンク

「孤立感」を感じている人は全体で3割、テレワーク実施者では4割弱/連合総研調査

社労士















































連合総研は4月27日、第41回勤労者短観「勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート」調査結果(速報)を発表した。新型コロナにおける生活の中で、「孤立感」を感じているか聞いたところ、全体では28.0%、テレワーク実施者(3月下旬)では36.4%が「孤立感」を感じていると回答。そのほか、新型コロナの「雇用や収入への影響」の広がりや、「貯蓄」における格差拡大の兆候など、分析結果をまとめている。コロナ禍が長引く中、テレワークが浸透しているが、その問題点も浮き彫りになってきた感がある。調査結果の詳細については、以下のURLをご参照下さい。↓https://www.rengo-soken.or.jp/work/bf337c5fe10b4f0a20db31fd31143dadf6b83be5.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました