スポンサーリンク

社会人3年目の「壁」をどう乗り切る? モチベーションアップに必要なことは?

社労士
社会人3年目の「壁」をどう乗り切る? モチベーションアップに必要なことは? ≪続きを読む≫[アメーバニュース]1月26日(土) 15:30 提供:J-CAST会社ウォッチ……仕事への「やりがい」45.3% …… 厚生労働省が2018年10月23日に発表したデータによると、大卒者の就職後3年以内の離職率は31.8%で、10人中3人が転職などのために離職。そこで若手社員の仕事に対するモチベーションの変化について、東京未来大学が転職経験のない社会人3年目の男女300人を対象に、初めて調査した(2018年12月13日発表)。それによると、実際に自分が勤める会社で「働き方改革」を実感できているか、の問いに「はい」と答えたのは33,7%。約7割が「実感していない、わからない」と答え、若手社員にまで浸透していない様子がうかがえる結果となった。具体的な社内の取り組みについて、最も多かったのは休暇取得などの「ワークライフバランスの向上」が47.4%。次いで「長時間労働の是正」の41.7%だった。「仕事のモチベーションがどのような状況だと上がるか」との問いには、「給与が上がる」(61.0%)と「休暇が取得できている」(60.0%)が、6割を占めた。次いで「社内の人間関係がよい」が55.3%、「十分な睡眠時間が確保されている」46.7%、「週末の楽しみがある」が45.3%。仕事への「やりがいを

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました