スポンサーリンク

「育たない」「上達しない」「身につかない」と嘆く前に、社長がやってみせればいい

社労士
「育たない」「上達しない」「身につかない」と嘆く前に、社長がやってみせればいい(大関暁夫) ≪続きを読む≫[アメーバニュース]2月13日(水) 7:00 提供:J-CAST会社ウォッチ……重要なのは「営業スタイル」という「知識」 営業管理、営業教育の現場では、私は持論である「成果の法則」なるものを軸に据えて指導させていただいています。「成果の法則」とは「成果=営業知識量×営業量」というもので、簡単に申し上げると、「営業担当者は営業知識をしっかりと身につけたうえで、営業機会すなわちセールス回数を増やせば、その掛け算で必ず成果は上がる」という内容です。……では、営業知識とは何かというと、一般的には自社商品とか、競合相手の商品とか、売り込み先情報(対企業の場合には相手先の業界情報であり、対個人場合には家族構成や想定年収など)とか、がその中心になるわけですが、じつはそれらと同等、あるいはそれ以上に重要な営業知識があります。それは、「営業スタイル」という知識です。知識としての営業スタイルとは、顧客を相手にどのようなやり取りあるいはセールストークをしたら、自社の商品を買ってもらいやすいか、という知識です。一見すると、知識として認識されにくいものなのですが、営業において成果をあげるためには、じつはこれがモノ凄く重要なファクターになっています。「ロールプレイング」の盲点&nbs

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました