スポンサーリンク

本当に響く「ねぎらいの言葉」の選び方 

社労士
本当に響く「ねぎらいの言葉」の選び方 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]1月28日(火) 17:10 提供:マイナビウーマン……■ねぎらいの言葉の基本は「感謝すること」シンプルにいえば「相手の努力や労力に対して感謝すること」です。なにか嬉しいことをしてくれたときに言葉にするものですね。さらに細かなニュアンスを語るなら、・そこそこ大きな労働のときに使う・目上の人には失礼なニュアンスもあるこの二点に気をつけるといいかもしれません。つまりテーブルの醤油をとってくれただとかの小さな行為や、会社の上司にむかって「ねぎらいの言葉」をかけるのは、ちょっとだけマナー違反になるわけです。ただ言葉はアメーバのような生き物です。日々、使われ方を変えます。貴女が心から感謝を伝えたいなら──ねぎらいだろうがなんだろうが──それは言葉にすべきです。……感謝を伝えられて嫌な人はいません。相手が嬉しくなる言葉を探しましょう。相手の顔もほころぶはずですよ。■相手を救う「ねぎらいの言葉」7選◇(1)「つらかったよね」相手の心に刺さるフレーズです。というのも、誰だって、何かを成しとげるときはつらい思いをしているから。誰だって、どこにも言えない感情を秘めているものです。だからこそ「それが何かはわからないけど、あなたのつらさを感じましたよ」という意味になるわけですね。すごく優しい言葉だと思います。◇(2)「『疲れ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました