スポンサーリンク

ブラック企業見抜くなら「平均勤続年数」と「離職率」を見ろ

社労士
ブラック企業見抜くなら「平均勤続年数」と「離職率」を見ろ ≪続きを読む≫[アメーバニュース]2月27日(木) 11:00 提供:web女性自身…… 「親や親戚などからすると、大手企業の名前が冠にある会社にお子さんが内定すればひと安心でしょう。しかし、いくら誰でも知る名を冠した企業でも、社員がすぐ辞めてしまう会社も。その実態は、過重労働なのに給料が少ない、いわゆる“ブラック企業”である場合も多いのです」   こう話すのは企業の経営事情に詳しい経済評論家の加谷珪一さん。……そこで、家族が受けようとしている会社がブラックでないか、見分ける方法を加谷さんに聞いた。   ■まずは企業の業績を同業他社と比較する   「当然、業績がいい企業のほうが福利厚生面も充実しており、『ホワイト率が高い』といえます。業績が悪ければ、いろんなところにしわ寄せが行くはずですからね。上場企業であればウェブサイト『ヤフー・ファイナンス』で企業名を入力すれば、ここ数年の業績を確認することができます。ひとつの企業を調べたら、同じ業界の複数社と比較することも忘れずに」    ■業績が“急激に”伸びている会社には注意   「…… 急激に利益を伸ばそうとするとどこかにしわ寄せが来るのです。たとえば、利益が2

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました