スポンサーリンク

国内景気、過去最大の下落「東日本大震災」後の水準まで低下/帝国データバンク

社労士












































帝国データバンクは4月3日、TDB景気動向調査(2020年3月調査)結果を発表した。
景気DIは前月比6.2ポイント減の32.5となり6カ月連続で悪化し、2014年4月(同4.2ポイント減)を超える過去最大の下落幅となった。国内景気は、後退局面のなかで新型コロナウイルスの影響が拡大し、過去最大の下落幅を記録。今後は、海外動向や新型コロナウイルスなど不確実性が高まり、後退が続くとしている。当面は、この状況は続くのは避けられないであろう。
調査の内容は以下のパンフレットを参照できます。http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/202004_jp.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました