スポンサーリンク

あなたの会社に社内失業者いますか?多い職種は?

社労士
あなたの会社に社内失業者いますか?多い職種は?  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]6月1日(月) 12:00 提供:OVOエン・ジャパン(東京)が運営する人事向け総合情報サイト「人事のミカタ」は、サイト利用企業381社を対象に「社内失業」についてアンケート調査を行った。・・・ 「現在、社内失業状態の社員はいるか?」と質問したところ、29%が「いる」(いる:9%、いる可能性がある:20%)と答えた。 業種別では「サービス関連」が37%(いる:8%、いる可能性がある:29%)が最多。企業規模別では従業員数「1000名以上」が47%(いる:7%、いる可能性がある:40%)と最も多く、大企業に社内失業者が相対的に多くなるのは当然かもしれない。現在、「社内失業者がいる」もしくは「社内失業者がいる可能性がある」と回答した企業に、社内失業者の属性(いずれも複数回答可)を聞くと、年代は「50代」(61%)がトップ。 職種は「企画職(経営企画、広報、人事、事務ほか)」(46%)が最も多く、次点で「営業職」(営業、MR、人材コーディネーターほか)が30%。役職は「一般社員クラス」(71%)がトップだが、「マネジャー・管理職クラス」(36%)、「チーフ・リーダークラス」(27%)も一定数いた。社内失業者の発生要因(複数回答可)では、「該当社員の能力不足」(75%

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました