スポンサーリンク

骨を若返らせるには「むやみに水分取りすぎない」医師が提唱 

社労士
骨を若返らせるには「むやみに水分取りすぎない」医師が提唱 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]4月30日(木) 6:00 提供:web女性自身……  「加齢による骨密度の低下は避けられませんが、80歳になっても背筋を伸ばして自分の足で元気に歩いている人もいます。骨粗しょう症は、食事や運動など、その人の生活次第で予防できる、生活習慣病なのです」    そこで、女性医療全般を専門とする太田博明先生が骨粗しょう症予防のために取り入れたい生活習慣を紹介。    【1】どんなに忙しくても「5時間」は睡眠を取る   「『寝る子は育つ』という言葉があるように、骨は夜寝ている間に作られます。……  【2】日光浴は日の高い時間帯に15分   骨を作る三大栄養素の1つ、ビタミンD供給には日光浴がもっとも効果的。   「窓越しではなく、必ず外に出て、顔と肘下が直接日光に当たるように。12時前後の日の高い時間帯に15分行うのが理想的。紫外線が弱く、肌の露出が少ない冬季は1時間ほど必要です。日の高い時間帯のウオーキングがおすすめ」    【3】階段は自分の足で「下りる」ように   階段の上り下りはウオーキング以上

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました