スポンサーリンク

本当の意味での「育ちの良さ」とは

社労士
本当の意味での「育ちの良さ」とは ≪続きを読む≫[アメーバニュース]5月21日(木) 21:10 提供:マイナビウーマン 「育ちが良い」と一言で言っても、それには2つの要素があると私は思います。一つ目は教養的な面での育ちの良さ。……そしてもう一つの「育ちの良さ」が人格面の育ちの良さ。「人を妬まない」「公平で優しい」「気配りができる」「物腰が柔らかい」「感情が落ち着いている」「素直」「前向きでポジティブ」などなど。……■真に「育ちが良い人」とはどんな人なのか私は缶コーヒーをよく飲むのですが、自動販売機で缶コーヒーを買うと近くにゴミ箱が無いことも少なくありません。……そんなときに、明らかに放置された自転車のかごにごみがたくさん入っていると思わずそこに捨てたくなる気持ちが芽生えるのは決して否定することができません。……■育ちの良い、正しい行動を取るには……自動販売機で缶コーヒーを買い、捨て場所に困っている私の心には「その自転車のかごに捨てればいいじゃん」という邪心が必ずといっていいほど湧いてきます。しかしその邪心が生まれながらも、私がその邪心に抗えているのは「神は見ている」という感覚があるからでしょう。私は特定の宗教を信仰している訳ではないので、私が脳内で想像しているこの神に具体的な名前はありませんし、この神の前で善行をしても何かのご利益がある訳でも御座いません。です

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました