スポンサーリンク

最低賃金 引き上げ目安示さず

社労士















































7月22日の厚労省の中央最低賃金審議会は、2020年度の2020年度の最低賃について全国平均の目安を示さないことを決めた。事実上、2019年度の全国平均901年を据え置く形になる。新型コロナウィルスによる景気低迷を受けて賃上げ凍結を主張する経営側に配慮した形だ。ここまでコロナの影響が長引き、先の見通しもたたない状況では懸命な判断だと思う。にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました