スポンサーリンク

経済の基調判断を上方修正/7月・月例経済報告

社労士















































政府は7月22日、7月の「月例経済報告」を公表した。基調判断は「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にあるが、このところ持ち直しの動きがみられる」と上方修正した。個別の判断では、雇用情勢は「感染症の影響により、弱い動きとなっている」で据え置いたが、個人消費「このところ持ち直している」、生産「総じてみれば、減少しているものの、このところ一部に持ち直しの兆しもみられる」、輸出「下げ止まりつつある」、業況判断「厳しさは残るものの、改善の動きがみられる」などで上方修正した。連日のコロナ感染拡大の報道を目の当たりにして、景気の状況も厳しいと思っていたが、6月より少し持ち直しているという景気判断には少し驚きました。発表の内容は以下のURLを参照願います。↓https://www5.cao.go.jp/keizai3/getsurei/2020/0722getsurei/main.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Sou

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました