スポンサーリンク

コロナ終息が長引くと「廃業を検討する可能性がある」中小企業は7.7%/東京商工リサーチ

社労士















































東京商工リサーチは8月3日、「廃業に関するアンケート」調査結果を発表した。「新型コロナ」終息が長引くと「廃業を検討する可能性がある」と回答した企業は、大企業の0.8%に対して中小企業は7.7%で、9倍以上の開きがあった。廃業検討の可能性を示した中小企業のうち、廃業時期を「1年以内」とした回答は45.1%。体力のない中小企業は、苦境に立たされていると言えるだろう。詳細結果については、以下のURLをご参照願います。↓https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20200803_03.htmlにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました