スポンサーリンク

国内景気は「緩やかに持ち直しがみられたが、わずかな回復傾向」/帝国データバンク

社労士















































帝国データバンクは9月3日、TDB景気動向調査(2020年8月調査)結果を発表した。景気DIは前月比0.6ポイント増の29.7で、3カ月連続で前月比増となった。国内景気は、「緩やかに持ち直しがみられたが、わずかな回復にとどまった」とし、今後については、「個人消費の持ち直しが期待されるが、横ばい傾向で推移するとみられる」としている。業種間で景気DIにかなりの差がある。低い業種としては、宿泊関係、飲食店関係が際立っている。一方、高い業種としては、建設、不動産、家具類小売り、電気通信、電気・ガス・水道などとなっている。調査結果については、以下のURLをご確認願います。↓https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/202009_jp.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました