スポンサーリンク

8月の街角景況感、前月差2.8ポイント上昇/景気ウォッチャー調査

社労士















































内閣府は9月8日、全国の商店主やタクシー運転手などに街角の景況感をたずねた8月の「景気ウォッチャー調査」の結果を公表した。現状判断DI(季節調整値)は、前月差2.8ポイント上昇の43.9。家計動向関連DI、企業動向関連DI、雇用関連DIがいずれも上昇した。先行き判断DI(同)は、同6.4ポイント上昇の42.4。今回の結果について、「新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直しの動きがみられる。先行きについては、感染症の動向を懸念しつつも、持ち直しへの期待がみられる」としている。ただ、飲食業に関しては、現状判断DI(季節調整値)は、前月差4.4ポイントマイナスと依然としては厳しい状況が伺える。調査結果については、以下のURLをご参照願います。↓https://www5.cao.go.jp/keizai3/2020/0908watcher/bassui.htmlにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信m

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました