スポンサーリンク

働き方改革関連法の施行により、時間外労働時間が大幅に減少/経団連

社労士















































経団連は9月15日、「2020年労働時間等実態調査」集計結果を発表した。一般労働者の総実労働時間(年間平均)は、2018年の2,031時間から2019年は2,000時間に大幅に減少。時間外労働時間(同)も、2018年の196時間から2019年は184時間に大幅に減少した。やはり、残業上限規制や罰則化、年休の5日付与義務化などの法制化が、功を奏したといえるだろう。調査結果については、以下のURLをご参照願います。↓https://www.keidanren.or.jp/policy/2020/081.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました