スポンサーリンク

「諦める時」の判断基準3つ

社労士
「諦める時」の判断基準3つ ≪続きを読む≫[アメーバニュース]9月23日(水) 15:10 提供:マイナビウーマン……◇「諦めない」美学の背景……そして、もう一つ。仕事においても、以前は労働の多くが手作業だったため「石の上にも三年」「継続は力なり」ということわざにもあるように、良質な物をお客様に提供するためには時間がかかっても諦めずに経験を積むことが大切だったのです。しかし、IT化が進みコストパフォーマンスが重視される現代では、時間をかけることへの意識がガラッと変わりました。◇「諦めること=悪」なのか?……現在では、「諦める」という言葉は「物事を途中でやめる」という意味で使われていますが、元々「諦」という漢字は「真理・道理」という意味で、仏教用語で「諦観」といえば「物事の真理を見る」という意味です。……ただ、語源にあるように、自分と向き合い、物事の本質や真理・道理を明らかにした上での結論が「やめる」ということであれば、それは終わりではなく次につながる一歩を踏み出したということなのです。■諦めることができない心理……◇(1)教育による洗脳から……◇(2)過去に成功体験があるから……◇(3)諦めたことによるネガティブな体験から……■「諦めて良い」の判断基準は?……◇(1)心身に不調が出ていないか……◇(2)諦めた後に空虚感を抱いていないか……◇(3)勝つことだけにこだわっていないか……

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました