スポンサーリンク

新規高卒就職者の約4割、新規大卒就職者の約3割が、就職後3年以内に離職/厚労省

社労士















































厚生労働省は10月30日、2017年3月卒業の新規学卒者の離職状況を公表した。卒業後3年以内の離職率は、大学32.8%(前年比0.8ポイント増)、高校39.5%(同0.3ポイント増)、短大など43.0%(同1.0ポイント増)、中学59.8%(同2.6ポイント減)。同省では、傾向としてここ数年は大きな変動が見られないとしている。離職率が高いのは、・宿泊業・飲食サービス業・生活関連サービス業・娯楽業・教育・学習支援業・小売業・医療・福祉業の順でサービス業が多い。この高い離職率は、採用側の企業と就業者とのミスマッチが起こっているかを表しているだけに、採用の仕方などを改善するなどの検討の余地が大いにあると考える。発表内容について以下のURLを参照下さい。↓https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177553_00003.htmlにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuhar

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました