スポンサーリンク

「テレワーク」と「リモートワーク」の違い言える? リモートワークを正しく学ぶ実務検定試験を覗いて

社労士
「テレワーク」と「リモートワーク」の違い言える? リモートワークを正しく学ぶ実務検定試験を覗いてみた≪続きを読む≫[アメーバニュース] 11月2日(月) 17:30 提供:GETNAVI……今年9月、リモートワークに必要な知識を身につけるための検定試験が誕生しました。その名もズバリ「リモート実務検定」。……↑「リモート実務検定3級」の検定試験は年内いっぱい実施。以降も、「3級」以上の検定試験が実施されます リモートワークに不慣れな人のための検定リモート実務検定は、コロナ禍での「働き方」の変化を受けて、今後さらに広まるであろう「リモート社会」に向け、主に、就職活動をする人、デスクワークに不慣れな人、転職を目指す人、社内で昇格を目指す人のために設立された検定試験。…… 受験費用7000円(税別)に加え、公的証明書があれば原則的に誰でも受験することができます 「リモート実務検定」試験の内容は?……制限時間は60分で、全50問の4択式のようです。現在実施されているリモート実務検定3級の合格基準点は50点満点中、35点以上。45点以上を得た人は、さらに「スペシャリスト」の称号ももらえるようです。…… また、合格者にのみ「リモート実務検定合格者(またはリモート実務検定スペシャリスト合格者)」としての登録が可能となります。登録料は3000円(税別

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました