スポンサーリンク

コロナ禍下の副業について

社労士















































1月25日の読売新聞3面に副業の記事が載っていた。コロナ禍下で、在宅勤務が多くなる中、副業を認める企業が増加しているという内容だ。クラウドソーシング大手の「ランサーズ」の調査によると、本業で働きながら副業している人は409万人いると推定されるという。国も副業には就業規則で記載例を載せるなど、推奨している格好である。個人で本業の労働時間以外に副業をする限りは、残業問題なども発生しないので今後も副業は増加する傾向にあるだろう。にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました