スポンサーリンク

日常に「ちょっといい時間を」。メリハリ消費の工夫は?

社労士
日常に「ちょっといい時間を」。メリハリ消費の工夫は? ≪続きを読む≫[アメーバニュース]1月25日(月) 14:10 提供:東京バーゲンマニアいろんな"常識"が変わった2020年。2021年はどんな1年になるか、全国の20~50代の男女1000人を対象にサントリービールが意識調査(※)を行いました。調査結果から、過半数の人が、"ちょっといいモノ"や"ちょっとした工夫"など、日常の中に「ハレ時間」を作り出すため「メリハリ消費」への意識が高まっていることが分かりました。食事、お酒、家電 2021年に生活の中で新しく意識したい、新たにやってみたいことを聞くと、「健康に気を遣う(41.9%)」、「生活にメリハリをつける(38.8%)」、「ポジティブ思考で物事を考える(35.2%)」が上位でした。一方で、日々の生活をより豊かにするためにコントロールしていきたいことは、「お金の使い方(60.9%)」、「時間の使い方(54.6%)」、「健康管理(43.4%)」がトップ3。……「2021年はこれまでよりメリハリをつけた生活を意識して、豊かな時間を過ごしたいと思うか」を聞くと、82.9%もの人が「そう思う」「どちらかといえばそう思う」と回答。また、63.9%の人が「今後、日常の中で『ハレ時間』を作り出すために、ちょっといいモノや工夫を取り入れていきたい」と答えています。……生活の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました