スポンサーリンク

60代でも現役バリバリで働いて過ごすために必要なもの

社労士
石田純一「年収は6000万円減」も、働くのが楽しいと語る理由  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]4月14日(水) 15:51 提供:日刊SPA! 4月1日より「改正高年齢者雇用安定法」が施行され、より高齢者が労働に駆り出される時代が到来した。 現在、実際に働く高齢労働者たちは何を感じ、現役世代は何を準備すればいいのか?  激動の60代を過ごしている石田純一氏に話を聞いた。◆60代・70代は働き盛り。働くのは大歓迎です……「渋沢栄一の言葉にもあるように、60代・70代は働き盛り。……僕も映画監督になる夢をあきらめていませんし、70歳まで働けるのはむしろ大歓迎です」……もしかすると20代の頃よりもパワーがみなぎっていると語る石田氏。 60代でも現役バリバリで働いて過ごすために必要なものは何か。「ひと言でいうなら“気=エネルギー”です。 やる気、元気、根気、熱気、活気。 『負けてたまるか!』っていう負けん気や、多数派に疎まれてもいいと思う勇気もそう。 でも、それって人生の本質ではないかと。……」◆人生で一番厄介なのは“恐怖感”では、逆に気をつけることは?「人生で一番厄介なのは“恐怖感”。……自分を鼓舞して常に充実させていると、不思議と恐怖感はないですね」…… その上で石田氏が持ち続けたいのは、“遊

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました