スポンサーリンク

お天気の業界用語いくつわかるかな?

社労士
お天気の業界用語いくつわかるかな? 気象予報士・蓬莱大介の【お天気ライブ ほうらい屋】【22】 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]4月19日(月) 18:00 提供:テレビドガッチそれぞれの業界で、そこでしか通用しない独特な言葉、いわゆる業界用語ってありますよね。テレビ業界では、銀座が【ザギン】、六本木が【ギロッポン】というのはよくネタにもされています。そして深夜0時のことを【てっぺん】、出演者の場所などをテープなどであらかじめマーキングすることを【バミる】などは、スタッフの皆さんは自然に使っているのをよく耳にします。……①    サイハヤ…「観測史上最も早い」の省略。本来、最早(さいそう)という所をこう呼ぶ。ちなみに最も遅いは、サイオソと言う。②    テンソウ…気象庁の「天気相談所」のこと。一般の人でも電話すれば天気のことを教えてくれる。気象予報士は過去のデータや統計を聞くことが多い。③    ゴヒャク…500hPa高度の専門天気図のこと。④    ゴーパッパー…500hPa高度の等高度線5880mのこと。夏の太平洋高気圧の目安とされる。⑤    アデス…地域気象伝送網(Local Automated Data Editing and Switching System)

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました