スポンサーリンク

勉強は「紙とペン」で! デジタルツールとの学習効果の違い

社労士
勉強は「紙とペン」で! デジタルツールとの学習効果の違いを海外研究が明らかに  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]5月19日(水) 21:00 提供:FYTTEweb……このたび東京大学の研究グループは、NTTデータ経営研究所と協力し、使用するツールによって学習効果が異なるのかを検討しました。 対象は、10代~20代の48人。手帳を使うグループ、タブレットを使うグループ、スマートフォンを使うグループの3つのグループに分かれてもらいます。 そのうえで、2か月間の授業予定などを話し合う架空の会話を記録。スケジュールを覚えてもらい、1時間の時間を開けて架空の会話から読み取った予定表をカレンダーに再現してもらいます。 並行してMRI検査によって脳の血流の変化を調べ、神経活動がグループの間に差があるのかも分析しました。勉強は紙とペンが効果的こうしてわかったのは、紙とペンを使って記録していたグループが、記憶した内容をいちばんすばやく思い出せるということです。 具体的には、紙とペンを使った場合にはカレンダーを11分で書き出せたのに対して、タブレットのグループは14分、スマートフォンのグループは16分と余計に時間がかかっていました。 MRI検査からは、紙とペンのグループでは、言語、視覚、記憶を処理する脳の領域で神経活動が活発にな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました