スポンサーリンク

新婚補助60万円に倍増~政府来年度から~

社労士















































9月28日の読売新聞の報道によると、政府は少子化対策の一環として、新婚夫婦の家賃や引っ越し代などの生活支援について、来年度から補助上限を30万円から60万円に倍増させる方針を固めた。菅内閣が掲げる不妊治療への保険適用や待機児童の解消と合わせ、育児環境の改善に取り組む考えだ。現行の要件である「34歳以下、所得合計340万円未満」を「39歳以下、世帯収入540万円未満」まで要件を緩和する。現行では、国と自治体とで半額ずつ負担する制度となっている。東京都ではまだ実際に活用されてないなど、普及の点でも課題がある。各自自体との費用負担も検討の余地があるだろう。ただ、菅内閣が目指そうとしている方向性がわかる方針宣言であり、期待が持てる。にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました