スポンサーリンク

国内景気は、緊急事態宣言などで4カ月ぶりに悪化/帝国データバンク

社労士















































帝国データバンクは6月3日、TDB景気動向調査(2021年5月調査)結果を発表した。景気DIは前月比0.8ポイント減の37.5。10業界中、「建設」「製造」など8業界が悪化、緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の延長、対象地域の拡大もあり、「旅館・ホテル」「飲食店」といった個人消費関連の業種は低水準での推移が続いた。「国内景気は、感染拡大防止対策で人流抑制が図られたことで、4カ月ぶりの悪化となった。今後は、下振れリスクも多く一時的に悪化するものの、徐々に上向いていくとみられる」としている。調査内容の詳細については以下のURLをご参照下さい。↓https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/202106_jp.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました