スポンサーリンク

55~64歳の約6割が「定年後も働きたい」/ディップ総合研究所

社労士















































ディップ総合研究所は9月23日、「定年後の就業意向・就業実態調査」結果を発表した。55~64歳の約6割が「定年後も働きたい」と回答、すでに定年した60~79歳の当時の就業意向と比較すると6.1ポイント高い結果となった。働きたい理由は、「生計維持」「家計の補助」など収入関連、その他「健康維持」や「働くことが好き」など。生涯年齢が伸びる中で、早く定年退職した場合の年金生活だけで生計を維持できるのかといった不安も背景にあると思われる。調査結果の詳細については、以下のURLを参照下さい。↓https://www.dip-net.co.jp/news/1500にほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました