スポンサーリンク

生ごみや排水を徹底リサイクル。ホテルニューオータニの取り組み

社労士
生ごみや排水を徹底リサイクル。ホテルニューオータニの取り組み【ホテルと考える、これからのわたし】  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]10月28日(水) 10:00 提供:オズモール……◆ホテルと考える、これからのわたし/ホテルニューオータニの取り組み【おもてなしとエコロジーの両立!本当の豊かさを届けるホテルを目指して】「ホテルニューオータニでは、“おもてなし”とエコロジーを両立させてこそ、真のホテルサービスだという理念のもと、色々なことに取り組み続けてきました」と広報の湯本健太郎さん。ホテルニューオータニが開業したのは、東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年。飲料水用の受水槽を一般的なステンレス等ではなく、殺菌性、耐久力の高いヒバ材を取り入れるなど、当初から環境に優しいホテルへの取り組みがはじまっていたという。ホテル業界において、大きな課題でもある排水や生ゴミのリサイクル、敷地内の緑化にも積極的に取り組んできたほか、2007(平成19)年に本館をリニューアルした際には、エアコンから排出された熱を回収して活用する空調管理システム「AEMS(エイムス)」や、空気中の熱を利用してお湯を沸かす「エコキュート」なども導入。環境保全に特化した部署では、現在も新しい取り組みについて研究を重ねているのだとか。「新型コロナウイルスをきっかけに経済活動が止まったことで

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました