スポンサーリンク

「1日3食」は時代に合わない医師がすすめる現代人にマッチした食事法  

社労士
「1日3食」は時代に合わない医師がすすめる現代人にマッチした食事法  ≪続きを読む≫[アメーバニュース]11月13日(金) 20:00 提供:新刊JP1日3食が体にいいと言われているがその真偽は、実は不明です。1935(昭和10)年に国立栄養研究所の佐伯 矩(さいき ただす)医学博士が「日本男子が一日に必要とするエネルギーは2500~2700カロリー、3分割しバランスよく食すること」と提唱したのが1日3食が定着した要因と言われています。『がんを克服した糖尿病医が考案!弱った体を修復する内臓リセット健康法』(アスコム刊)の著者、青木厚医師がおすすめしているのは「1日2食」。そのメリットはどこにあるのでしょうか?■「1日3食」は時代に合わない 医師がすすめる現代人にマッチした食事法……2020年、世界のトップ研究者から興味深い論文が次々と発表されました。それは「1日16時間程度食べない時間を作る」ことが、最も人を健康にするというもの。青木医師によると、「1日3食は不要」説の根拠は2つあります。その1つは、1日3食だと内臓が休む暇なく、疲労すること。食べものが消化されるまでの時間は案外長く、胃の中に滞在する時間だけでも平均2~3時間。脂肪分の多いものだと4~5時間はかかるそうです。さらに小腸で5~8時間かけて分解するなど、胃から小腸までで10時間程度かかります。……2

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました