スポンサーリンク

8割近い企業が感染症による業績のマイナスの影響を見込む/帝国データバンク

社労士















































帝国データバンクは11月10日、「新型コロナウイルス感染症に対する企業の意識調査」結果を発表した。自社の業績に「マイナスの影響がある」と見込む企業は79.0%と、6カ月連続で減少し8カ月ぶりに8割を下回った。業種別では、「旅館・ホテル」(97.4%)が最高、以下、「飲食店」、「広告関連」、「繊維・繊維製品・服飾品卸売」、「娯楽サービス」等が90%台で続く。スーパーなどの食料品小売業など業績が良い業種はあるものの、8割という多くの業種で、業績悪化に苦しむ状況が続いている。調査結果については、以下のURLをご参照ください。https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p201101.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました