スポンサーリンク

「失敗」してしまったら…どんな態度で接したらいい? [やる気を引き出すコーチング] 

社労士
子どもが入試で「失敗」してしまったら…親はどんな態度で接したらいい? [やる気を引き出すコーチング] ≪続きを読む≫[アメーバニュース]11月17日(火) 0:00提供:ベネッセ教育情報サイト……コーチは「失敗」として扱わないこのような時に、とても大切なことは、目標達成できなかった結果をこちらが「失敗」として扱わないことです。目標達成を「成功」と捉えるなら、できなかったことは、確かに「失敗」ですが、それを「マイナスの出来事」として扱わないということです。例えば、入試などの場合は、合否の結果が厳然としてあるわけですが、不合格だったとしても、「そうか、不合格だったんだね」とまず結果をニュートラル(プラスでもマイナスでもなく中立的)に受けとめます。その後で、例えば、「あなたが不合格だなんて、もしかしたら、あなたにとっては行かなくてもよい学校だったのかな。あなたはどう思っているの?」といった言葉で、子ども自身の気持ちに耳を傾けます。本人が「悲しい」、「悔しい、「残念」、「落ち込む」などと思っているのなら、その気持ちはしっかり受けとめます。「そうか、落ち込んでいるんだね。あんなに勉強していたからね。そう思ってしまうよね」と気持ちに寄り添います。本人の気持ちが落ち着いてから、「あなたをもっと活かす場所がきっと他にあると思うよ。一緒に考えよう。次はどうする?」と未来に向けた対話をしてい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました