スポンサーリンク

どの職場にもいる「自分のために他人を犠牲にしても気にしない人」の正体

社労士
どの職場にもいる「自分のために他人を犠牲にしても気にしない人」の正体  <b..........≪続きを読む≫</b..........[アメーバニュース]3月29日(金) 19:00 提供:新刊JP ……■決して悪意を見せずに相手を支配する「マニピュレーター」の特徴『他人を支配したがる人たち』(ジョージ・サイモン著、秋山勝訳、草思社刊)は、どんな職場や組織にも一定数存在するマニピュレーターの特徴と、人を攻撃し、従属させる手口、そして彼らへの対策を解説する。彼らは決してわかりやすく相手を攻撃したり、悪口を言いふらすようなことはしない。悪意が露呈しないようにふるまうのが極めてうまいのだ。しかし、やはりその行動やロジックにはいくつか特徴がある。代表的なものを挙げていこう。・矮小化何か自分に非があることで人から問い詰められると「そんなに言われるほど大したことではない」と、自分の非をありきたりなものに見せかけようとする。・虚言目的のためなら手段を選ばないため、必ずウソをつく。・否認悪意から他人を害したことが明らかな場合でも、決してそれを認めない。それどころか「犠牲者の方に問題があったのではないか」という方向にロジックを持っていこうとする。・選択的不注意(または選択的注意)相手の警告や申し立てをわざと無視する。自分の目的の妨げになる部分に対して注意を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました