スポンサーリンク

ウケを狙ったらスベった…気まずい空気を打破する会話術

社労士
ウケを狙ったらスベった…気まずい空気を打破する会話術 ≪続きを読む≫[アメーバニュース]8月16日(金) 19:57 提供:J-WAVE NEWS場を和ませようとウケを狙ったら、スベってしまった。それどころかギャグだと気づいてもらえず、変な空気が流れた……そんな経験は誰しも一度はあるはず。どうすれば挽回できるのだろうか? 『1秒で気のきいた一言が出るハリウッド流すごい会話術 世界の一流が学ぶ77のルール』の著者で、放送作家・即興力養成講師の渡辺龍太が解説した。 ……■事前の想定とは違うオチで落とす …… こんなときにベストな対応は、スベったことを受け入れて「ウケると思ってたけどスベってるかな?」や「ここ笑うところだぞ」など一言添え、“(質は低いが)ギャグを言っている”ということを伝えること。……伝わりさえすれば、大勢いる中の何人かが失笑してくれることもあるかもしれない。想定する笑いがとれなかったときは、潔く即座にあきらめ、違うオチをみつけられるようにしたい。 ■お願いするときは、相手の欲望をくすぐりながら …… 相手の疑問や欲望をくすぐった上でお願いされると動くそうだ。……象徴的なのが、スティーブ・ジョブズのとあるエピソードだ。ジョブズはAppleを大きくする過程で、ペプシコ社の社長だったジョン・スカリーをスカウトした。そ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました