スポンサーリンク

中小企業の約4割が米中貿易摩擦によるマイナスの影響あり/日本政策金融公庫

社労士































日本政策金融公庫は17日、「米中貿易摩擦の中小企業への影響に関する調査」結果を発表した。米中貿易摩擦による業況へのマイナスの影響が「大いにある」と回答した企業割合は11.8%で、前回調査(2019年10月)比2.1ポイントの低下。
「少しある」を合わせた「影響あり」の割合は42.3%で、同1.2ポイントの増加。
これに、まさに今刻々と状況が悪化している「新型コロナウィルス」による経済活動への悪影響が、付加されるので、今後の景気の悪化は避けられない状況であろう。調査結果を以下のURLを参照願います。↓https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/tokubetu_200217.pdfにほんブログ村↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います! 社会保険労務士ランキング↑ランキングに参加中。励みになりますので、クリックにて応援願います!

Source: 社労士 油原信makoto yuharaの情報発信

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました